月別アーカイブ: 2009年9月

ブラボー! エリーザ弦楽四重奏団!!

芸術の秋、音楽の秋!
日曜に引き続き。。。。。ストリング・カルテット(ヴァイオリン2人・ヴィオラ・チェロ)のコンサートに行ってきました。 あまりに良かったので、連日ブログUPです
ブラボ~~~! エリーザ弦楽四重奏団!!
もう、本当に素晴らしい音色&アンサンブルに酔いました

今宵のプログラムは、
プッチーニ:弦楽四重奏曲『菊の花』
モーツァルト:弦楽四重奏曲 第20番 ニ長調
ハイドン:弦楽四重奏曲 第39番 ハ長調 『鳥』
<アンコール> 出血大サービス! オールイタリアン♪
ヴェルディ:弦楽四重奏曲 アンダンティーノ
ボッケリーニ:弦楽四重奏曲 作品6-1 より アレグロ
プッチーニ:弦楽四重奏曲より スケルツォ

仕事上がりに行ったので、聴けたのは、モーツアルトの第二楽章から、、、
クラシック初級者&曲の予習をしていってなかったので、いろいろと語れませんが{涙}
1stヴァイオリンの音色の美しいこと美しいこと。。。。
艶々で、ものすごく滑らかでスルスルとした上質のシルクのようでした!!
(初級者なので、ついつい目立つポジションに目がいってしまいます(笑)、、、)
2ndヴァイオリンの方も、ヴィオラの方もチェロの方も皆素晴らしかったです。
そして、何よりアンサンブルが生き生きとして、艶やかでのびやかで、、、
モーツアルトもハイドンも耳にするすると心地よく入っていき、最高に気持ちよかったです。
アンコールは、オール・イタリア! いずれも、素敵でした!!
終わってしまうのが残念で残念で、もっともっと聴いていたかった。。。。
お別れするのが寂しかったですが、 でも、最後の終わり方もなんだか粋で、
大満足の 大変気持ちの良いコンサートでした!
by看板娘
rogo-orgr.jpg
ムカデヤのHPはこちらから!

音楽三昧〜京響オーケストラ・ライブ・シネマ&嵐山音楽祭〜

昨日は 京響オーケストラ・ライヴ・シネマ 嵐山音楽祭 の はしご で音楽たっぷり楽しんできました
京響のは。。。
チャップリンの無声映画にオーケストラが生演奏で音楽を付けるというもの。
めちゃめちゃ贅沢です~
・『犬の生活』(日本初演)
・『キッド』
の二本立て でした!
犬の生活       キッド
舞台にはスクリーン、そしてそのすぐ前のオーケストラ・ピットにオケが居て、オペラのような感じです。
、、ですが、ガラスの割れる音やピストルの発砲音など、効果音までもオーケストラで演奏(?)してしまうというこだわりよう
ガラスの割れる音(キッドの中で)は実際にガラスを割って、その音を出していました!
(スクリーン上の動きに合わせて音を出すのってすごく難しそう!)
また、『犬の生活』では、女性の歌声をソウ(のこぎり)で演奏されていました!!
なんか”?”と思われるかもしれませんが、これがまた、物悲しげな繊細な女性の歌声をうまく表現されていて!!!
京響の元ティンパニ首席奏者の方が弾かれていましたが、こんなものまで演奏されるなんて!!!!
チャップリンの映画は、笑いありじーんと心打つ場面あり、、、 とにかく!映画の根底に心温まる愛がいっぱい溢れていました
そして、京響は、(数年前から演奏会によく通っていますが)演奏の素晴らしさはもちろんのこと、音楽への愛情がこちら側(聴く側)に伝わってきて、聴くといつもとっても幸せな気持ちなる、大好きなオーケストラです
そんな京響の演奏がチャップリンの映画の魅力を何倍にもしてくれて、、、
いつものクラシックコンサートとは違って、演奏中も思いっきり気兼ねなく笑えたのも新鮮
観客側は思いっきり楽しませていただきましたが、斉藤一郎さん(指揮者)&京響の皆さんは、映画の動きに
音やメロディーを合わせるのは、ほんとに神経使う重労働だったのでしょうね。。。(お疲れ様です)
昨日もあったかい気持ち&笑顔で京都会館をあとにしました。。。。
知り合いが音楽祭のスタッフをやっておりましたので、京都会館→ 嵐山 へ
Cafe赤マンマの二階で、1000円(ビール付)で、18:00~23:00頃まで1時間交代で様々なバンドが演奏するのを聴き放題!
すきっ腹にビールで速攻ホロ酔い気分 私は、2組半ほど聴けました。
偶然学生時代の友人に遭遇!なんと、参加バンドのボーカルの方が旦那様とのこと!びっくり!
(とっても楽しませていただきました アリガトウゴザイマス)
女性二人のベース&ピアノデュオは、ジャズ。 ジャスはあんまり聴き慣れないのですが、ベースの音が心地よく体に響いて、お酒もまわってまったり心地良かったです。 ジャズもいいですね~~ これから聴いてみようかな。。。
セクシーなハスキーボイスが素敵なボーカル&ピアノ&ヴァイオリン&ベース&ドラムのグループは、ジャズあり、ポップスあり、カントリーあり。。 スタンダードナンバーてんこ盛りで、とっても楽しかったです。
オーケストラ・ライブ・シネマ & 嵐山音楽祭 どちらも とっても楽しかったです
どちらも、 来年もまた是非行きたい!
by看板娘
昨日は写真、撮り損ねです
rogo-orgr.jpg
ムカデヤのHPはこちらから!

フルーツ・ソープ カービング展

絶好の天気に恵まれたシルバーウィークもあっという間に終わって
しまいましたネ。。
せっかくの4連休、旅行!でも行きたいところでしたが、、、
日帰りドライブなど近場のお出掛けで、リフレッシュしました
ある一日は、幼なじみが初めて開いたフルーツ&ソープカービングの
個展にいってきました。
『フルーツ&ソープ カービングひめのみちこ 作品展』
in be京都
”カービング”って、関西では、あまり知られていないそうですが
(私も彼女から初めて存在を教えてもらいました)、 タイの伝統
工芸で、ナイフ一本だけで、果物や石鹸などに彫刻をするものだ
そうです。その歴史は古く、約700年前にさかのぼり、王宮の食
卓を飾るために納められたものがその始まりのようです。
彼女は、結婚して東京に在住していますが、東京でカービングに
出会い、その魅力にハマって、ずっとカービングをやっていました
が、出来上がった作品を & カービングの世界を 少しでも多く
の方に楽しんでいただきたいとの思いから今回初めて故郷の
京都で個展を開いたのでした。
ではでは、beautiful!!な 彼女の作品をご覧ください
京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

これは、スイカ、かぼちゃ、大根などなど に彫ったもの。

見事!!!
果物や野菜に彫るときは日持ちしないので、個展の前日
に準備したそうです。 大変やな~~
  京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ
本物のお花みたいですね~
    京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ
これは一番の力作だそうです!
     スイカ、文字の所を彫るのに1.5時間、
周りの花(バラ?)を彫るにのに1.5時間
かかったそうです。
たった3時間でこんな素晴しい物が!!
文字は下書きをするそうですが、お花は、下書き一切なし!
 だそうです!!!
(ひえ~ それなのに、ちゃんとバランスが整ってて、
ぴったりはまってる!)
一つ一つの花の大きさと深さ、出来上がりの姿をイメージして
彫るのだそうです。
すごい集中力と技ですよね!
こんなスゴ腕の彼女でも、気持ちが落ち着いていないときは
失敗したりするとのこと。。
また、スイカの場合は、外側が硬く内側が柔らかいので、
彫っているときに割れること
もあるそうです。最後の最後で割れたりしたら、ショックやろ
うな~~
本場タイでは、コンテストもあるらしく、いかに綺麗に早くでき
るかを競うそうです。
次にこちらは、石鹸に彫る、ソープカービング。
    京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ
お菓子に見立てて♪

   京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ
ちょっとしたプレゼントや、結婚や出産などのお祝いにも素敵ですよね!
最後に、これが 作品を作り出したナイフ。
    京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

この華奢なナイフで、あの細かい繊細な彫りが造り出されるのですね。。

    京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ
持ち手がとってもお洒落ですね~。
関西では、まだまだ習える教室が少ないそうで、私も体験したことが
ないのですが、集中して作品をつくるその空間、雰囲気、感じを想像すると、
おもしろそうだな~~と興味が沸きます。
でも、私、不器用だからな~(苦笑)
彼女は小学校の幼なじみで、中学からはそれぞれ別の道を歩んでき
ました。結婚後は、ずっと東京に、、、、
数年前に彼女の帰省時に会ったときは、「ちょっとカービングを習ってる
ねん」といって、彼女が作った石鹸をプレゼントしてもらったりしたのですが、、、
まさか、個展を開くなんて!
昔はスポーツ万能でお転婆で、その頃からすると、こんな特技は想像
もしなかったけど(ごめんね 笑)、思い立って行動するアクティブさは、
やはり彼女らしい、、今回の個展、開催場所探しから作品の準備、
作品を飾るレイアウトや小物などのコーディネート、案内状作成など
すべて、彼女が一から手探りでやったそうです。
会場の町屋にディスプレイされた石鹸や果物、、どれも見事な作品ばかり
で、作品と空間全体の雰囲気もとってもお洒落で素敵でした
今回の個展は、9月19日から22日ともう終わってしまいましたが、
また機会があればされるんじゃないかな~
その時が楽しみだな~~
by看板娘

新旧交代/カッシーナ

はじめまして。
京都の老舗質屋 ムカデヤ の看板娘(自称)です。

本日からブログスタートです

日々の出来事や、質屋にまつわる小ネタ、京都ネタ、その他いろいろ書いていこうと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします

さてさて。。。

今日は、新しい店舗の椅子がやって参りました!

京都 北大路 質・買入 ムカデヤ-未設定

うちの店ではとっても大きなことです。
ほぼ、カウンターにテーブルだけのシンプルな店内だけに、
置かれている椅子でお店の印象が大きく左右されます、、、

そして、お取引の間、すこしでもお客様に気持ちよく過ごしていただきたい、、、
そんな想いで、椅子にはずっとこだわってきております。

本日まで使っていた椅子は、現社長が30年前に店舗を新しくしたときに
購入したものですが、上品で洗練された高級感が自慢の一品でした。
10年位前に、革の張替えを行って、今日まで大切に使ってきました。

今までたくさんのお客様に腰掛けていただき、うちのお店の為に本当に
よく働いてくれた椅子たち。。 ご苦労様でした

最後の姿は↓ いやいや~ こんなになるまで頑張ってくれて、、、

京都 北大路 質・買入 ムカデヤ-未設定
お疲れ様です

新しくやってきた新米くんは、イタリア生まれのカッシーナ
スマートでスタイリッシュ。
店内に新しい風が吹いてきた感じです。
京都 北大路 質・買入 ムカデヤ-未設定
(団子三兄弟ならぬ、 トリオ・ザ・カンツオーネ??意味不明)

座り心地は安定感があって、お尻を包んでくれるような優しい感じ。
これから、またたくさんのお客様を支えてくださいね。

気分一新、この椅子たちとともに、私達もまた頑張ります!

by看板娘(自称)