質屋が主役!

こんにちはマスクマン。 看板娘です。

寒さがゆるんできたと思ったら、今度は花粉&PM2.5が来ましたね~
今朝は思いっきり春を感じたくて空気をいっぱい吸い込みたかったのに・・・なんだか埃っぽい。
またまたマスクが手放せない時期になってきました。

”質屋さん”って、ちょっとよく分からない、少し謎なイメージを持つ方が多いのでは、、、、
お医者さん、銀行マン、警察官などのように、決して何かの主役になりやすい職業ではないのが悲しいところ。。。

ところがどっこい、

↓この小説は、質屋さんががっつり主役なのです。

現代物ではなく、時代小説、江戸時代の質屋が舞台です。
当時質屋は郵便局くらいの数があったという話もあり、庶民の生活に非常に密着したものだったようです。
時代物が好きな私としては、読む前から興味がそそられます。

読み終えて。。。

びっくりしたのは、なかなか日のあたらない質屋の本質をしっかり丁寧に著者が書いてくださっていることです。

非常に嬉しく、また、改めて家業を誇りに思えました。また、襟を正す思いでした。

また、この小説には当時の食べ物についても、物語に色を添えるようにいろんな場面でちょこちょこ書かれており、想像が掻き立てられます。
ちなみに甘い物は至福の食べ物として、老若男女問わず目がなかったようです。
甘い物と麦湯という組み合わせで小説には登場したりしています。

それにちなんで、私も和菓子♪
和三盆落雁に、、、お供はミルクたっぷりコーヒー。 ココはやっぱり現代人笑。


質預かり・買取共に査定は無料ですのでお気軽にご来店ください。
創業80年余年の実績で、皆さまに満足して頂けるように頑張っております!
      

質屋が主役!」への1件のフィードバック

  1. プチセレブ気取り❤ririca

    SECRET: 0
    PASS:
    ブログ読みました☆ 素敵な時間を過ごせました☆これからも更新がんばってくださいね!!!私はノマドライフをメインにブログ更新してまーす!!暇な時でも遊びに来てくれると嬉しいです♪

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です