カテゴリー別アーカイブ: 展覧会

絵画を楽しむ秋

こんにちは 2014-11-10emojib 2014-11-10emoji1看板娘です。

昨晩・今朝は寒かったですね!

この間のお休みに行ってきたのは、↓

20141110b

日本の浮世絵が西洋美術(印象派やアールヌーボー)に多大な影響を
与えていたのが良くわかって、興味深く面白いものでした。

20141110a

最近はよく音声ガイドを利用します。
有名な俳優さんが語りをしてくれる(今回は長谷川博己さん)のに
”おっ”とつられて試してみたのが始まり(ミーハーですね笑)。
より気軽に絵を楽しめます。
(実際、解説の大半は女性ナレーターなんですが。。。笑)

20141110c

紅葉もだんだん深まってきました~。

ムカデヤでは、幅広い商品を取り扱っております。
是非お気軽にご利用・お問い合わせくださいませ。

**************************
㈱ムカデヤ 質屋・買取・Web販売
〒606-0812 京都府京都市左京区下鴨上川原町35番地
**************************
ムカデヤのTVCM
     ZZa2-CM
●金・プラチナ・シルバー・地金 ●ダイヤ ●ジュエリー●貴金属全般
●宝飾品●時計●ロレックス●カルティエ●ブランド品全般
●エルメス●ルイ・ヴィトン●シャネル●毛皮●ブランド衣類
●着物●呉服全般(結城・大嶋・訪問着・中振袖・袋帯 他)
●電化製品●パソコン ●デジタルカメ●カメラ●ギター●楽器各種
●茶道具●絵画●美術品●刀剣●古美術●骨董品●古銭●その他
★☆★記載のない物も御遠慮なくお問い合わせください。★☆★

ZZa5-mybest  ZZa6-rakuten  ZZa7-FB
マイベストプロ京都は↑ 販売は楽天ショップ いいね!もよろしくね!

ホイッスラー展

こんにちは2014-09-24emoji1 看板娘です。
今日は生憎の雨ですが、お休みは気持ち良い天気でしたね。

ふらっと行ってきました ホイッスラー展@京都国立近代美術館。201-09-24a

浮世絵などの日本画からインスピレーションをうけ
独自の作風を作り上げた画家だそうですが、

2014-09-24b

印象的だったのは↑。(おきまりのお土産ポストカード 笑)

すーっと目に自然にはいってくる感じはジャポニズムを
感じるからでしょうか。 心地よく癒される感じて楽しめました。

近くの↓もついでにハシゴ。

2014-09-24c

なかなかお目にかかれないような凝った絵付けのデミタスカップ
(コーヒーカップ)達が素敵でした。

2014-09-24d

おっ! 赤トンボです! 今朝発見^^

ムカデヤは、女性スタッフ常駐しておりますので初めてでも安心!
質預かり・買取共に査定は無料です‼ 創業80年余年の実績で、
皆さまに満足して頂けるように頑張っております!
お気軽にご来店ください。

onnablog01.gif
詳しくはムカデヤHP↑

**************************
㈱ムカデヤ 質屋・買取・Web販売
〒606-0812 京都府京都市左京区下鴨上川原町35番地
**************************
ムカデヤのTVCM
     ZZa2-CM
●金・プラチナ・シルバー・地金 ●ダイヤ ●ジュエリー●貴金属全般
●宝飾品●時計●ロレックス●カルティエ●ブランド品全般
●エルメス●ルイ・ヴィトン●シャネル●毛皮●ブランド衣類
●着物●呉服全般(結城・大嶋・訪問着・中振袖・袋帯 他)
●電化製品●パソコン ●デジタルカメ●カメラ●ギター●楽器各種
●茶道具●絵画●美術品●刀剣●古美術●骨董品●古銭●その他
★☆★記載のない物も御遠慮なくお問い合わせください。★☆★

ZZa5-mybest  ZZa6-rakuten  ZZa7-FB
マイベストプロ京都は↑ 販売は楽天ショップ いいね!もよろしくね!

暑かったけど気分だけ涼みました

こんにちは2014-07-22emoji22014-07-22emoji3 看板娘です。

ついに近畿も梅雨明けですね!
カーンとくる暑さが “夏~2014-07-12emoji1” っていう感じですね。

201-407-22b

お休みに今回行ってきたのは 松柏美術館@奈良学園前

と、遠かった~(電車でぶらり旅)

あまりの暑さでこの池↑ に飛び込みたい衝動に笑。

 

2014-07-22c

閑静な住宅街にある美術館でした。洒落たエントランス。

あまりにひっそりとあったのでちょっと肩すかし・・・
(心無しか、サビシ~)

観に行ったのは、 上村淳之展(鳥と語る)
前回観に行った上村松篁さんのご子息です。

お父様、おばあ様と同じく日本画の道を歩まれ、花鳥画で有名なお方。
(マメ情報:現在の歌舞伎座の緞帳は淳之さんの絵が使われています)

2017-07-22aa

さまざまな種類の鳥が描かれていましたが
(鳥好きが高じて、なんと自宅に 1000羽以上!の鳥を飼われているそうです)
御年を重ねられるごとに、描かれている絵からは、
命の凛とした強さと清々しさを感じて、 なにか引き締まる思いでした。

暑かったけど、一気に気分だけは清々しく。。。

 

2014-07-22e
 お土産に、マウスパッド。 バタバタしてても、これを見ると、スッキリした気分に^^

2014-07-22d
ジリジリとした陽射しのなかで咲いていた芙蓉。夏です!

これからうだるような暑さが続きますが、皆様どうぞ体調くずされませんように。

 

ムカデヤは、女性スタッフ常駐しておりますので初めてでも安心!
質預かり・買取共に査定は無料です‼ 創業80年余年の実績で、
皆さまに満足して頂けるように頑張っております!
お気軽にご来店ください。

onnablog01.gif
詳しくはムカデヤHP↑

**************************
㈱ムカデヤ 質屋・買取・Web販売
〒606-0812 京都府京都市左京区下鴨上川原町35番地
**************************
ムカデヤのTVCM
     ZZa2-CM
●金・プラチナ・シルバー・地金 ●ダイヤ ●ジュエリー●貴金属全般
●宝飾品●時計●ロレックス●カルティエ●ブランド品全般
●エルメス●ルイ・ヴィトン●シャネル●毛皮●ブランド衣類
●着物●呉服全般(結城・大嶋・訪問着・中振袖・袋帯 他)
●電化製品●パソコン ●デジタルカメ●カメラ●ギター●楽器各種
●茶道具●絵画●美術品●刀剣●古美術●骨董品●古銭●その他
★☆★記載のない物も御遠慮なくお問い合わせください。★☆★

ZZa5-mybest  ZZa6-rakuten  ZZa7-FB
マイベストプロ京都は↑ 販売は楽天ショップ いいね!もよろしくね!

 

花鳥画満喫 上村松篁展

こんにちは2014-05-15emoji 看板娘です。

お休みにふらっといってきました 上村松篁展@京都国立近代美術館

京都生まれの花鳥画で有名な日本画家。(お母様は美人画の上村松園)

2014-06-22a

身体のなかに綺麗な空気がスっとまっすぐ通り抜けるような
品がある美しい絵の数々でした。

そんな素敵な展覧会のなか、

絵を観ている最中に両足がつるという・・・苦笑(素足で冷えた?)

休憩用の腰掛で不審?な動作をしていました笑。(一応すましてこっそり)

あ~~ 運動不足を痛感!!

 

ムカデヤは、女性スタッフ常駐しておりますので初めてでも安心!
質預かり・買取共に査定は無料です‼ 創業80年余年の実績で、
皆さまに満足して頂けるように頑張っております!
お気軽にご来店ください。

onnablog01.gif
詳しくはムカデヤHP↑

**************************
㈱ムカデヤ 質屋・買取・Web販売
〒606-0812 京都府京都市左京区下鴨上川原町35番地
**************************
ムカデヤのTVCM
     ZZa2-CM
●金・プラチナ・シルバー・地金 ●ダイヤ ●ジュエリー●貴金属全般
●宝飾品●時計●ロレックス●カルティエ●ブランド品全般
●エルメス●ルイ・ヴィトン●シャネル●毛皮●ブランド衣類
●着物●呉服全般(結城・大嶋・訪問着・中振袖・袋帯 他)
●電化製品●パソコン ●デジタルカメ●カメラ●ギター●楽器各種
●茶道具●絵画●美術品●刀剣●古美術●骨董品●古銭●その他
★☆★記載のない物も御遠慮なくお問い合わせください。★☆★

ZZa5-mybest  ZZa6-rakuten  ZZa7-FB
マイベストプロ京都は↑ 販売は楽天ショップ いいね!もよろしくね!

森田さんで花満喫

こんにちは2014-05-09emoji1 2014-05-09emojib    看板娘です。

休み明けは、髭伯爵からのブログでスタートです\(^^)/~

皆様、お休みはいかが過ごされましたか?

私は、やりましたやりました 家中の整理!
お宝はほんのわずかしか出てきませんでしたが苦笑、スッキリしました^^

整理の合間?に お出掛けもしてきました。
今回はちょっと足をのばして御影まで。

行ってきたのは 森田りえ子 の”花らんまん展”@香雪美術館。

初めての場所でしたが、阪急御影駅からすぐのこんなに素敵な場所!

2014-05-09a

展覧会のタイトル通り、森田さんの草花をテーマにした作品を集めたもので、トキメキまくりのものでした。

2014-05-09b
こちらはその時お土産に購入したポストカード↑

絵画というとちょっと退屈な感じがするかもしれませんが、
この森田さんの絵は、今の若い女性にも”素敵!”
共感できる部分がたくさんあるように思いました。

描かれている花を見ると、大体何月頃かその季節がが分かり、
そうするとその季節の気温や空気感・湿気感が自分の中にある記憶からひっぱり出され、自分で体感してきた自然と目の前の絵画がリンクして、より絵の世界へ入っていけます。

平面の絵を見ているだけですが
自然や命あるものの素晴らしさを物凄く感じて
リフレッシュ、開放感を味わい、エネルギーをもらいました。

柊野五色椿』は、京都柊野にある椿を描いた屏風絵。
ここの椿は花丸ごとではなく花びらがひらりひらりと落ちる椿だそうで、、、
息を呑む圧巻の美しさ!
(是非モデルの本物の椿を見に行きたい)

紅白梅』は、多分九州は宮崎の梅”月知梅”だったかと思います。
臥龍梅という梅の種類で梅の枝が一旦地を這うように地面についてそこから天へ上る龍のように天空へ向かって延びていて、、、
梅の木の生命力が半端ないです。他の絵とは一味違う力強さ!

花の下』は、しだれ桜の元に立っている舞妓さんの絵。
初々しい舞妓さんと柔らかいしだれ桜。
ある一瞬だけの儚い美しさに愛おしさを感じて胸がきゅんとなります。

四季扇面貼付屏風
その時季を感じさせるモチーフが2つずつ季節ごとに並べられていて、
その巧みなセンスが本当に素敵。

また、森田さんの草花の絵には、昆虫も一緒に書かれていたりして
-  例えば蝶ちょが一匹ちょこん、と絶妙のバランスで  -
そこには、森田さんの命あるもの、自然への愛が感じられますし、
どこか和むというか面白みがあって思わず微笑んでしまいました。

やっぱり、日本っていい、日本人っていい

日本人ならではの繊細な感性や、女性ならではの美しいものへの感性
を思う存分味わった展覧会でした。

おまけ:森田さんは金閣寺本堂の杉戸絵も手がけられているそうです。これも見に行きたい!

ほっこりしますヨ 河井寛次郎記念館

こんにちは花粉 看板娘です。

3月ももうあとわずか! あっという間に感じますねぴゅー
先日の墓参帰りに立ち寄ってきた、河井寛次郎記念館。
 

いやいや~ 想像していた以上にとても見応え&居応え(?)があって、大好きになりました!

河井寛次郎は、大正から昭和にかけて京都に居を構えて活躍された陶芸家です。
柳宗悦や濱田庄司らとともに”民藝”で有名ですね。

陶器だけでなく彫刻や随筆なども手掛け、日々の生活に美を見出し作品を生み出し、そして、その美と共に生きられた方。

訪れた処はご本人とご家族が実際に住んでおられた家を、その美に触れてもらう場として開かれています。

一歩踏み入れると、そこは ディズニーワールドならぬ 河井寛次郎ワールド!

まさに日々の暮らしのなかから美が生み出されてきたのを感じます。

みんながくつろいでいたであろう囲炉裏や居間、書斎、庭、焼き物を作った窯、すべておしげもなく公開されています。
思わず、”こんな風にして暮らしてはったのかなあ”と想像が膨らみます。

どの場所も河井寛次郎の感性が隅々にあふれていて本当に素敵。

見に来られている方で写真をとっている方がいらっしゃいました。
”写真をとってもよいのですか?”と受付の方にお伺いすると、
大学ノートに名前等を記入すれば    
”どうぞご自由に撮ってください”    と!

思わず触れてしまえそうな展示のされ方といい、”この場所でゆっくり過ごして間近で感じて、河井寛次郎が求めた世界をどうぞ体験してください” という、館長の大きなお心が伝わってくるようです。

手洗い場、窓からの庭の景色、電灯のカサ、どこにカメラを向けても様になるショットになります。 はあ~凄い。

エピソードをひとつ。
お庭には、直径50cmは裕にあるようなまん丸の石が鎮座しています。これがなんともユーモラスでいい味を出しているのですが、家が完成した当初、お祝いに故郷島根の知人が灯籠を贈ろう言うと、”それなら丸い石が欲しい”と言われたとのこと。 故郷島根の丸石をお庭のいろんな位置に転がして楽しまれたそうです。
(なんだかお茶目)

気が付けば、すごい数の写真をとっていました笑(カメラが趣味ではないのに!笑)
ここにアップしたいところですが、館長のお心に敬意を表し、記念館入口だけにします。


 ↑記念館の看板は、棟方志功の文字だそうです。

河井寛次郎の情熱と温かく実直でおおらかな人柄を感じる 素敵な場所でした。

年に何回か展示の作品が入れ替わるようですし、
また行きたいな、 お墓参りのいい寄り道ができました♪

おまけ:
記念館の壁に飾ってある、漫画”河井寛次郎物語” 面白いです。
申し出たらもらえると書いてあったので、お土産にもらって帰りました^^

質預かり・買取共に査定は無料ですのでお気軽にご来店ください。
創業80年余年の実績で、皆さまに満足して頂けるように頑張っております!
  

魂がゆさぶられる。。。佐藤太清!

こんにちは手袋 看板娘です。

今日も雪がチラチラ・・・ 結晶1

オリンピック、 戦いつくした! という清々しい、美しい姿がたくさんで、
見ているこちらまでパワーをいただきますねうえ

もう終わってしまっているんですが、、
この間行ってきました  生誕100年 佐藤太清展@京都文化博物館。

なんとか最終日に駆け込み。。。

   ”観に行けて本当に良かった!”

絵を見て、 自分の中からブワーっといろんな感覚がひっぱりだされる 
そして、絵を通して画家を親密に感じる(気持ちが伝わるというか、なにか繋がったような感覚)

こんなことは今回が初めてでした。

どの絵も甲乙つけがたく素敵でしたが、雪の絵は 他のどの絵よりも惹きつけられました。

心がすーっと澄んで、でもとても温かくなります。

中でも 雪の椿の絵(↑)は、太清さんの温かな優しさが一杯に溢れていて、胸がじーんとするとともに、涙がとまりませんでした(マスクをしていてよかった笑)。

いつまでももこうして眺めていたい。

生の絵をこうして自分の目で見ていたい。

絵を観るってこういうことか!  太清さんに教えてもらった気がします。

(今後は茨城・岡山・福知山で同展があるようです。ご興味ある方は是非!)

質預かり・買取共に査定は無料ですのでお気軽にご来店ください。
創業80年余年の実績で、皆さまに満足して頂けるように頑張っております!
       

栖鳳 そして もみじ

こんにちは銀杏の葉 看板娘です。

秋の京都。紅葉も見頃紅葉

これは京都市美術館前↓
京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

先日、竹内栖鳳展へ行ってきました。

日本画、やっぱりいいなあ。ほっと落ち着きます。

過去に見た絵画でも、心に残っているのはなぜか日本画。

透明な空気感。
余白から感じられる、心が大きく開くような広がりを感じるスケール感。
力強さ、躍動感、生命力。

栖鳳は、京都出身の近代日本画の巨匠。
展覧会では、絵の道に入った初期のものから晩年のものまで多数。
巨匠栖鳳の作風の変化を味わえる見応えのあるものでした。

こちらは有名な班猫↓
京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

繊細で絶妙な濃淡の砂色を背景に、真ん中に猫がぽつんと一匹。それだけ。
なんともいえないこのポーズ。そして思わず撫でたくなるような質感。

こっちをじっと見ています。

可愛いだけでない、ネコの性格が青い瞳と表情から伝わってきます。

他にも、ライオンやトラ、象、アヒル、うさぎ、猿、鹿、スズメ、カラス、鷺などなど・・・いろんな動物が絵の題材になっています。
自然の風景ももちろん。 人物はほんの少しでしたが、これも素敵でした。

西洋の写実主義を日本画に取り入れ、新たな日本画の礎を築かれた巨匠ですが、年代によって、写実が濃かったり、さらに進化してより日本画の伝統に近づいていたり。。

が、どれもその対象の本質(性格・性質?)が感じ取れます。

動物や自然への愛や感動が伝わってくるよう。

また、この展覧会ではたくさんの写生のスケッチが!

”対象の、たくさんの写生をすれば、おのずと描くべき線(?筆?)が決まってくる。”
という栖鳳の言葉
(音声ガイダンスより。より少ない線で書かれた後期の絵での説明にこのようなものがありました)

対象の本質に迫るため、緻密な観察とこのような地道な下準備があるのだと、知りました。 練りに練ったうえでの、あの筆運びがあるのだと。

最後に。

”西洋で見る(感じる?)光が濃く、よって西洋の絵画は遠近が強いが、日本の光はもっと透明で澄んでいて、同じ手法では日本で見るものは描けない(また別の手法が合っている)”
↑これも音声ガイダンスからの一言(こんな風な内容が語られていました。)

展覧会で見た絵からは、まさに日本の空気・光が漂っていました。

日本人でよかったな、と改めて。

京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ


質預かり・買取共に査定は無料ですのでお気軽にご来店ください。
創業80年余年の実績で、皆さまに満足して頂けるように頑張っております!
  

思わぬ収穫が! 古代ガラス展

こんばんは星  看板娘です。 今回はちょっと長いです 苦笑。

お休み中、 お出かけついでに偶然立ち寄ったある展覧会、
なんとな~く、何の期待もせずに行ったのですが、かなりの感動とパワーをもらえた面白いものでしたので、ちょっと紹介いたしマス。

MIHOミュージアム 古代ガラス展。

京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

ガラスが作り始められたのは、遥か昔 今から4500年位前、、、!(日本はまだ縄文時代!)
場所は中近東やエジプト辺り。

ガラス製造の始まりからおおよそ紀元数世紀までの間(日本でいうと縄文時代から弥生時代・古墳時代の間!)の、ガラス技法の進化を、ガラスの色・模様(をだす手法)という切り口で展示品を通してわかりやすく解説してあります。

古代の物ですので、”○○(誰それ)の作品”というものではありません。
製作者不明です。でも、何とも言えない美しい色やガラスにつけられた柄は何か心に染みてくるものがあり、とても楽しませていただきました。

こんなものを何千年も前の人が技を編み出し作っていたとは!

古代ガラスはその地域の砂からできており、最初の頃は透明ではなくベージュのような色。
そのガラスに一番最初に付けられた色は目の覚めるような青。

京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

宝石ラピスラズリの青です。

”なんとかこの宝石のような綺麗な青を人間が作れないものか!!”

という想いから、試行錯誤を重ね、青色のガラスでの再現方法が編み出されたようです。(ある物質を混ぜるとこの色が出せる)
ガラスは今では100円ショップなどでも普通~に売られていますが、
その当時は宝石と同じように非常に価値あるものだったとか!
(作ることが非常に難しかったため、希少価値とその美しさゆえ尊ばれたようです。)

更に他の様々な宝石の色を再現しようと、製造方法が探究され、、、
ついには 透明や紫、青、赤、黄、緑など様々な色が付けられるに至ります。
(数千年も前の人が作ったとは思えないほど、本当に綺麗!)

まだまだ進化し、、 色のバリエーションだけでなく、
単色→複数色使い→ガラスの上にいろんな色のガラスを付けてペイント風、マーブル模様、縞々模様、途中から模様が変わるもの、金太郎飴や飾り寿司のような手法で柄をつけるもの

などなど、、、柄を出す技術も生み出され、、、

”もっと美しく、もっと複雑で、もっと手の込んだものを・・・!!!”

を求める人間のパワー(権力者の欲であったり、製作者の純粋な思いだったり、、かな?)が技術の進歩を生むんだなあ・・・・

展覧会のポイントポイントでは、
現代のガラス工芸家が当時の製造方法を再現して同じものつくる過程を撮ったビデオが流れています。

これがまた凄いんですッ!

金色のガラスは当時どうしても作れなかったそうで、なんとか作れないかと編み出された方法は、、、 透明の薄ーいガラスの器の外側に金箔を貼り、そのまた外側に薄ーいガラスの器を合体させる(金箔を透明ガラスでサンドイッチ)というワザ! 一色べったりでは面白くないからか、より高みを目指して、金箔は細い細い紐のようなものを何枚も貼り継ぎ合せて細かな繊細な模様がつけられています。

現代の作家でも、当時の作り方で器を再現するには物凄いテクニックと集中力がいるとのこと。

そこまでして、、、、

”何が何でも作りたい!!”という想いの強さ・・・

何千年もはるか昔の人(勝手にテルマエロマエの阿部ちゃんを妄想笑)が こんなにも人間の頭を使って技を編み出し、造り出すというのは、想像を絶するほど大変なはず。(当時はもちろん今のようにコンピュータもないし、いろんな便利なものもないだろうし、、、 )

なので”だめだめ、そんなことできないよ~”というハードルは今の人より随分と低い気がします。

なのに、不可能を可能にしていっているその作品群を見ていると、
”その発想力や想いのつよさ、あきらめず頑張る力はどんだけなんや~っ”と 頭をガーンと打たれた気持ちになりました。

でも、”このガラスを作った人たちと、私は同じ人間で同じ血が流れてる”

 と思うと、

”そしたら、私にもなんか同じような力がどっかにあるんじゃあないか、あきらめないでいかなあかんな”

という変な自信というか、パワーが足の裏からこみあげてきて、なんだか物凄く元気をもらったのでした。
ご興味・お時間のある方どうぞ、ちょっと遠いですが、、、苦笑

おまけ:となりの部屋に展示の川島織物製作の法隆寺壁画を織物で再現した「蓮華弥勒像」も圧巻です。

ムカデヤは、女性スタッフ常駐しておりますので初めてでもご安心!
質預かり・買取共に査定は無料ですのでお気軽にご来店ください。
創業80年余年の実績で、皆さまに満足して頂けるように頑張っております!

 ●金・プラチナ・シルバー・地金 ダイヤ ジュエリー貴金属全般
宝飾品時計ロレックスカルティエブランド品全般
エルメスルイ・ヴィトンシャネル毛皮ブランド衣類
着物呉服全般(結城・大嶋・訪問着・中振袖・袋帯 他)
 ●電化製品パソコン デジタルカメカメラギター楽器各種
 ●茶道具絵画美術品刀剣古美術骨董品古銭その他
★☆★記載のない物も御遠慮なくお問い合わせください。★☆★

  マイベストプロ京都は↑   商品販売は楽天ショップ     いいね!もよろしくね!

ソープカービング

こんにちは晴れ 看板娘です。

毎日厳しい暑さが続きますね! 

こう暑いと外へお出掛けするのもおっくうですが、、
先日、友人のソープカービング 1日教室に行って

リフレッシュしてきました。 

以前にこのブログに書かせてもらいましたが、
東京にいる幼ななじみが定期的に故郷の京都で教室をやっています。

イからやって来たこのカービング、ナイフ一本で石鹸やフルーツにデザインを彫っていくもので、↓は、その幼ななじみの先生が作ったもの。

デザインは下書きなど一切なく、頭の中で描いたデザインをぶっつけ本番で彫っていくんだそうです! 凄いッ!!

京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ

教室では、初めての方でも大丈夫なデザインのものを、大体1時間
半くらいで仕上げます。 (これがなんとか出来るんです)

私も今回でもう4回目。。。 ナイフの扱いにも随分と慣れ、、、
慣れてくると油断してしまい、途中失敗するものの、
先生の魔法の言葉 ”うん、大丈夫~~” と先生の魔法のナイフ
でいとも簡単にちゃちゃっと修正してもらい、、、

えっへん、どうです、この出来映え
京都 北大路 下鴨 女性スタッフ常駐の質屋 ムカデヤ
近くで見たら、粗がイッパイですが、遠目で見たら、いい感じです(笑)
ソープのいい香りがして、玄関やお部屋、トイレなど、ちょっと飾るのに最適。 そして、自分が作ったものはやはり愛着があります。

今回は教室と作品展が併せてありましたが、会場のbe-京都さんの町屋の雰囲気がほっこり落ち着いていて、穏やかで楽しい時間を過ごさせていただきました。

1年に1-2回、この体験教室はあるようですので、ご興味のある方は是非。

ムカデヤは、女性スタッフ常駐で、初めてでも安心!

質預かり・買取共に査定は無料ですのでお気軽にご来店ください。
創業80年余年の実績で、皆さまに満足して頂けるように頑張っております!
***********************
(株)ムカデヤ   質屋・買取・Web販売
〒606-0812 京都市左京区下鴨上川原町35番地
***********************
onnablog01.gif
         ムカデヤのHPはこちらから

ペタしてね 読者登録してね